ホーム>スタッフブログ>スタッフブログ

スタッフブログ

総合型リゾート法案

いわゆるIR法案が可決され、いよいよカジノが日本にも上陸します。

新聞でカジノ学校がオープンし受講料は数十万円と載っていました。ラスベガスのサンズはすでにたくさんの日本人を雇い入れて特訓しています。

カジノで儲ける方法は一つ、それはカジノ側の人間になることです。と言ってもカジノを経営するにはノウハウも資金もないし、今更カジノに就職するわけにもいかないので(こんなおじさんは雇ってもらえないでしょう。)コバンザメのようにカジノの中で何かもうかる商売を探しましょう。

数年前にマカオへ行ったとき、マカオのお菓子より日本のお菓子のほうがよっぽどおいしいと思いながらカジノの中のショッピング街をうろうろしていると、ありました。日本のメーカーのお菓子や食品を集めたお店が。このお店は森永、明治といった大手のメーカーの商品がほとんどでした。

外国人、主にアジアからのお客さんそして圧倒的に多いと思われる日本人が気軽に買いそうなものを売ればもうかると思うんですが。何かありますでしょうか。

プランA 関西の有名店の焼き菓子を販売。 プランB マカオの有名なエッグタルトの店と提携してフードコートで販売。

プランc 秘密

2018416101219.JPGマカオのカテドラル。

江戸時代初期キリシタン弾圧を逃れた日本人も建設に携わったそうです。

米中の貿易摩擦

お花見も関東から東北に移動してしまったようですが、工場のある明石では散ってしまったところと満開のところと様々です。

トランプさんが中国製鉄鋼製品等の関税を上げると発表したことで中国が昨日、対抗策としてアメリカ産品の輸入関税を上げると発表しました。

78品目の青果物とナッツ類が報復関税の対象となります。

この中に、みの屋が取り扱っているピスタチオ、アーモンド、クルミ、レーズン、プルーンが含まれます。レーズンは中国でもたくさん作っているので大きな影響はありませんが、アーモンド、ピスタチオは日本の20倍以上が中国に輸出されているので、これらの相場に影響がありそうです。一時的に輸出が止まるかもしれませんが長くは続かないでしょうね。5月の収穫予想がカリフォルニアアーモンド協会から出るのでじっくり様子を見ることにします。

201845102956.jpg工場の近く4/4

201845102845.jpg20184510292.gif

カリフォルニアで寒波

3月に入ってから急に暖かくなりましたね。これから徐々に暖かくなるのでしょう。

しかし、先週カリフォルニアが寒波に襲われているとの情報が入りました。

2月の上旬にアーモンドの花が順調に開花し始め、このままいけば今年は豊作だろうと予想されていましたが、

2月20日頃から急な寒波で花が凍って木につららが下がっているとの情報が入ってきました。

2017年産アーモンドの売り物がストップしているようです。アーモンドの相場が心配です。

ピスタチオやクルミの開花はもうすこし後なので影響はないと思われます。

3月5日現在も気温は低いままです。

2018359357.jpg凍ってダメージを受けたアーモンドの花

 

いつまでも寒いですね。

今年は例年になく寒い冬ですね。インフルエンザが流行っています。気を付けてくださいね。期せずしてかかった人は家でナッツでも食べながらゆっくりしてください。

神戸は雪が少ないので雪道用のタイヤを用意している人は少ないと思います。雪で車を動かせないときは電車を使うか外出をしないことですね。無理をすると事故のもとです。

みの屋の工場のある明石から加古川近辺はため池の多い地区です。車で走っていても右左にため池が見受けられます。地図で見るとその多さにびっくりします。

大きな河川がないので池を多く作ったのでしょうね。

20182613416.jpg工場はこの地図の下の方にあります。

20182613531.JPG

鴨 この池は約50羽程度ですが、もう少し大きい池では1000羽以上います。

20182613458.JPG

結構するどい目をしてますね。(はしびろ鴨)

いいお正月を過ごされましたか。

お正月は結構忙しく、年末の掃除から、年明けはあっちこっちの神社にお参りでバタバタしてました。えべっさんでやっと一段落です。

最近のことだと思うのですが、みんな列を作って順番にお参りしていますね。これは関西だけでしょうか。

先日の伏見稲荷でも延々と列を作っていました。古いお札を返す場所でもえんえんと。

えべっさんはいつも通りと思っていましたが今年は並んでいました。社務所の人も並んでいるのは今年からですとのこと。

理由はわからんそうです。私は横からお賽銭を入れて拝んで早々に済ませました。

いつもは押し合いへし合いで近寄るのも大変でしたが、今年はゆっくり狙いを定めてマグロの口にお賽銭を入れる事も出来て万々歳です。

20181178506.JPG伏見稲荷 1月7日

201811785138.JPG

柳原のえべっさん。前がすいてます。

201811785240.JPG

えべっさん。行列を作っています。

20181178547.JPGまぐろの口に

来年もよろしくお願いします。

今年もあとわずかとなりました、たくさんの方にお利用いただきありがとうございます。

アメリカ産のドライフルーツが非常に高くなっています。レーズンは今年の年初と比べて1.5~1.8倍になりそうです。不作が原因だそうです。カリフォルニアは熱波がひどく山火事も多く発生しました。ブドウ畑の直接の被害は少なかったと聞いていますが多少の影響があったのでしょうね。10月頃になって急に値が上がり始めました。

アーモンド、クルミは大幅な値上がりはなさそうですがじわじわと値が上がりそうです。

今はアーモンドもクルミも日本にやってくるのはアメリカ産がほとんどですが、チリやオーストラリア産のナッツやドライフルーツが増えてきそうです。アーモンドは挿し木してから数年で実が生り始めるので今後が楽しみです。

値が高くなる一番の原因は何といっても円安です。トランプさんが大統領になって円が安くなりました。日本の政府は物価上昇を第一に考えて、円安を歓迎していますが庶民にとっては円高のほうがよっぽどいいですね。輸入品も海外旅行も安くなっていいと思いますよ。

少々円高になっても。品質で勝負の日本製は売れると思うんですが。大企業の皆さん品質ですよ。

先日、久しぶりに懐石料理を楽しみました。 器もお料理も季節感にあふれて、他国の料理にはない趣がありました。昔は質より量が優先で料理に趣きなどは求めませんでした。昨今は量を食べられないので外食する場合は量より質を優先しています。

国内の落花生の収穫もほぼ終わっているようです。かつてはどこの量販店でも新豆セールをしていましたが、関西では新豆セールをしている所を見受けません。千葉当たりの産地はどうなんでしょうか。年中あるので落花生に季節感というのはないのでしょうね。地球温暖化の影響で、北海道でも落花生の栽培に取り組む農家があるようです。中国でも遼寧省や吉林省の旧満州でも栽培されるようになりました。中でも遼寧省が大きな産地になってきました。ただ年によっては収穫前に凍ってダメになったということがあるようです。

201711259361.JPG

近所の公園も秋たけなわです。

カリフォルニア産 ナッツ情報その2

先日、カリフォルニアのナッツ視察から帰ってきた同業者によるとカリフォルニアの山火事はアーモンドやレーズンなどのナッツ、ドライフルーツの畑には大きな影響はなかったようです。

そもそもカリフォルニアの面積は日本と同じくらい(日本の約1.1倍)なので、それを考えると経済的な影響はさほど大きくはなかったと思われます。先日の日本の台風のほうが、被害が大きかったかもしれませんね。

ところで、クルミは予想より不作なのと円安で相場が上昇しています。殻の中身が小さい粒が多くあるようです。

カリフォルニアのナッツの収穫もほぼ終了していて、価格が安定しているのはアーモンドくらいで、クルミ、ピスタチオは徐々に値上がりしています。

特にピスタチオは今年産に虫食いが多いと言われています。ピスタチオは殻に入っているので選別しても取り切れず、虫食いが混入してしまいます。ごめんなさいね。

トランプ大統領が来日されています。当初1年もつかなと言われていましたが、持ち前のマイペースでめげずに頑張ってますね。ゴルフの松山選手はいくらで一緒にプレイしたんでしょうかね。

2017116101037.JPGアーモンド選別風景

2017116101158.JPGピスタチオ選別風景

たくさん流れていますね。

カリフォルニアの山火事

カリフォルニアの山火事が心配です。

ナッツやドライフルーツでカリフォルニア産が主流なものはたくさんあります。

日本が輸入しているアーモンド、ピスタチオ、レーズン、プルーンはほとんどがカリフォルニア産です。

ナッツやフルーツはほとんど収穫が終わっているので来年の価格に影響はないと思いますが倉庫が心配ですね。早く収束することを願っています。

それにしても、あのような乾燥した空気なのでレーズンなども4,5日でカチカチになるくらいまで乾燥してしまうようです。

乾燥中に煙でスモーク味になっていないか心配です。

一方、日本の選挙はどうなるのでしょう。各党の選挙公約を見ると、どこの党も赤字財政の再建について真剣な取り組みがないように思うのですが。

秋、果物の季節

桃やぶどうからミカン、柿の季節に入ろうとしています。

ミカンはこれから半年近くいろんな種類が出てきますが柿は11月には店頭からほとんど姿を消しますね。

日本人の果物の消費量は一日 約110gで欧米の半分以下だそうです。

先日のラジオで果物の食べ過ぎで血糖値が上がることはないと言っていました。

果物をたくさん摂る人とほとんど食べない人の血糖値を比較する実験で、血糖値に差がないことがわかっています。

ただ、ジュースとしてたくさん摂ると血糖値が上がるそうです。

これはジュースには繊維質が取り除かれている為だそうです。

果物に含まれる果糖は血圧の高い方には敬遠されがちですが果物としてとる分には何ら問題はないようです。

無添加パイン、モイヤープルーン、有機レーズン、デーツ、いちじくなどドライフルーツの添加物なしのものをそろえていますのでよろしくお願いします。

2017105135729.JPG

無添加パイン(コスタリカ産)、種有りプルーン(アメリカ産)、有機レーズン(アメリカ産)、デーツ(イラン産)、イチジク(イラン産)

2017105135922.JPG10月4日 夕日と飛行機雲 明石

201710514019.JPG山道で、カマキリのオス 交尾の後、メスに食べられるのを知っているのでしょうか。