ホーム>スタッフブログ>2015年5月

2015年5月

パルミラ

今日の報道によるとパルミラがISに制圧されたようです。

今から40年ほど前にパルミラへ行ったことがあります。先輩がダマスカスでアラブ語の勉強をしていたのを訪ねたときに連れて行ってもらいました。

ダマスカスからホムスを経てパルミラまで砂漠を進んでいくと、忽然とパルミラが現れました。忘れられたかのように静かに歴史を刻んでいるように思えました。

中東ではピラミッド、パルミラ、ペルセポリスを3Pと言って3大古代遺跡としています。

デーツを見るたびにパルミラと先輩をおもいだします。デーツは砂漠の民には貴重な栄養源です。ドライデーツは甘くたくさんは食べられませんが保存料も砂糖も使っていない自然食品で市場でたくさん売っていました。

先輩によるとシリアはキリスト教徒も多く住んでいるとのことで、先輩の下宿していた家庭もキリスト教徒でした。

シリアは当時キリスト教徒もイスラム教徒も普通に隣同士で住んでいたようにおもいます。

ホムスで食べた卵焼きをパン(中東の薄く丸いパン)でくるんだサンドイッチがおいしかったのを思い出します。

 

 

2015521214752.jpgドライデーツ もっちりとしておいしいですよ。

カリフォルニアアーモンド最新情報

カリフォルニアからアーモンドに関する最新レポートが送られてきました。 カリフォルニアアーモンド協会が4月に行ったアーモンド生産農家からの聞き取り調査結果が出ました。 今年の収穫予想は18億5千万ポンド(838,050トン)で昨年比1%減、2013年比8%減でした。世界的な需要の高まりから値上がりは避けられそうにありません。現在の価格は5年前の約2倍、10年前の約4倍になっています。収穫量はここ2,3年、減っていますが、10年前と比べると約2倍になっています。生産量よりも需要量のほうがドンドン大きくなっていることの証明でしょう。 一番深刻な問題は水の確保で多くの農家が供給を制限されているようです。 地球温暖化は雨の降り方も片寄る様で降らない場所はますます降らなくなるとテレビで言ってましたが、アーモンドの主産地も50年後はカリフォルニアでないかもしれませんね。