ホーム>スタッフブログ>2014年12月

2014年12月

冬至

バタバタしてる間に冬至が過ぎました。冬至が来ると、近所のおばさんが「冬至10日(とうか)過ぎりゃ馬鹿でもわかる。」と言っていたことを思い出します。お正月を迎えると夜明けの時刻も早くなったのがはっきりとわかります。これからだんだん日が長くなると思うと気分も軽くなります。天皇陛下も言われていたように来年も前向きに考えて行こうと思います。

ピスタチオはかつてイラン産が主流でしたが今ではアフラトキシンの影響で大手の量販店が取り扱わなくなり、現在ではアメリカ産が主流です。初めてイラン産ピスタチオを口にしたときはおいしさに感動しました。アメリカ産は少し大味で今一つです。

だけど、今年のピスタチオは少々小ぶりですが味はいいですね。かつてのイランピスタチオの味に近づいてきています。

ピスタチオは中近東が原産で古代から食べていたナッツだそうです。

今年1年ありがとうございました。皆様よいお年をお迎えください。

2014122491034.JPG2014年度産のピスタチオ ちょっと小ぶりですが味はいいです。

遺伝子操作の魚

先日のテレビで魚の遺伝子を操作して身の多い魚を作ることに成功したニュースがありました。アメリカでは肉牛の肉付をよくするのに遺伝子を操作しているそうです。

遺伝子組み換えと遺伝子操作が同じなのか違うものかはよく知りませんが、遺伝子組み換えの植物(代表的なものに大豆、菜種、トウモロコシがあります)はよく知られているところです。

遺伝子組み換え又は遺伝子操作の食物を好むと好まないにかかわらず、知る知らないにかかわらず、口にしてしまうことになりそうです。

木の実の類(アーモンド、カシューナッツ、クルミなど)は遺伝子組み換えは現在では存在しません。

2014121595159.JPG今のところ落花生に遺伝子組み換えはないようです。

地球の気候

最近の気候は世界的に安定期から変動期に入りつつあるのかなと実感します。

農産物を扱っているとよくわかります。

最近ではアメリカのニューヨーク州で記録的な大雪が降ったとニュースでありましたが、カリフォルニアはここ数年雨が降らなくなり、ナッツの収穫が少なくなってきています。

トルコでは今年は冬に雪が多く又夏に雨が多く降った様で、アプリコットやイチジク、ヘーゼルナッツの収穫が極端に減ってきています。

最近日本でも人気が出てきたこれらのナッツ、フルーツの価格が大幅に上がってきています。

―こんないっぱい値段が上がって売れるのかいな-と心配です。

そういえばコーヒー豆もブラジルの雨不足で暴騰していますね。

地球の歴史46億年からみると、この100年なんて一瞬で気候の変化もないに等しいかもしれませんね。

多少の気候変動は愚痴を言わずにやり過ごすことにしますので、皆さんもよろしく。

201412117539.jpg2014121175341.jpg2014121175415.jpgトルコ産イチジク、アプリコット、ヘーゼルナッツ