ホーム>スタッフブログ>2014年5月

2014年5月

大豆とカルシュームと運動

先日、取引先の方との話でその人のお母さんが牛乳にきな粉を入れて飲んで、足の痛いのがなくなったそうです。たまたま治ったのか、気持ちのせいかもしれませんが、本か雑誌で牛乳と大豆を一緒に取るとカルシュームが吸収しやすくなると書いてあったように思います。それにプラスして、骨に負荷を与える運動が大切ですね。

私は今年の健康診断で骨密度を測りましたが、結果は若年青年平均の104%、同年齢平均の112%という結果でした。牛乳はほとんど飲みませんが、商売がら煎り大豆やナッツ類はよく口にします。それと運動不足を補うためにほとんど毎日近所の公園で懸垂(けんすい)をしていました。おかげで姿勢がよくなったような気がします。

2014530213438.JPG

しかし、近くの公園は5月3日からずーと遊戯器具の入れ替えで入れません。工事は3日間ほどで終わったのに工事期間が5月31日までなのでフェンスで囲われたままです。

早くフェンスを取ってちょうだいよ。(奥のほうにちょうどいい高さに鉄棒があります。)

最近は子供よりも中高年のほうが多いので公園も子供用だけでなく大人の健康増進器具を少しだけでいいんで設置してほしいですね。健康保険の負担を減らすためにも安倍さんお願いします。

 

 

クルミがもう一度テレビで

クルミが健康に良いと4月22日にテレビでありましたが、今週の水曜日にももう一度ありそうです。

アメリカ産クルミはすでに売り切れており新規の契約はほとんど難しい状態です。国内在庫も余裕がなく今後の確保が大変です。ほとんどの会社は昨年実績分に近い量を買っているだけで余分には買ってないでしょう。日本に出回っているクルミはほとんどがアメリカ産です。今年の収穫分が来る11月頃まで大事に使っていかなければなりません。

最近ではクルミの需要を受けてチリからも輸入されているようです。クルミの生産は中国が一番多く、次いでアメリカです。中国産は以前は多く出回っていましたが、現在は中国は輸入国になり中国産はほとんど見受けられません。中国国内でもアメリカ産クルミがたくさん売られています。クルミの食文化があるのでしょうね。

クルミの消費の高まりは当分続くと思われます。おそらく新物になってもクルミの価格は下がらないでしょう。中国にアメリカ産クルミがたくさん行っているのでそれを輸入しようとしている会社もあります。多少高くても切らすよりはいいでしょうね、

クルミ以外にも健康に良いナッツ・シード類はたくさんありますよ。

201451910592.jpgクルミ LHP 生201451911014.JPG

素焼きナッツ・シードいろいろ

201451911148.JPG

淡路島花さじきでポピーの花が見頃です。弊社の3人娘さんが行ってきました。(5月18日) お土産はえびせんべいでした ありがとう。

女性に黒豆茶

先日、一緒に働いている女性から黒豆茶が女性の生理不順に良いとの話を聞きました。

大豆イソフラボンが女性ホルモンの一種であるエストロゲンに化学構造が似ており同じような働きをするそうです。

黒豆は抗酸化物質のアントシアニンも含んでいるのでお勧めできるおまめさんのひとつです。

私はお茶を飲むときに煎り黒豆を数粒入れて飲んでました。お茶が香ばしくなっておいしいですよ。

最近はちょっと忘れてましたが復活させようと思ってます。北海道産黒豆は品質も安定していて価格も手ごろなのでお勧めです。

201452181457.JPG北海道産黒豆8mmアップ201452181613.jpg煎り黒豆(北海道)150g

他にお徳用1kgもあります。アーモンド以外にも体にいい豆がたくさんありますのでよろしくお願いします。