ホーム>スタッフブログ>2013年7月

2013年7月

おまめさんが使えない。

10年程前のネット販売をするようになってから”神戸のおまめさん”をキャッチコピーとして使用してきましたが、先日フジッコさんから”おまめさん”はフジッコが商標登録をしているので使うなと言ってきました。どう返事をすればいいんでしょうね。昔、10年ほど前にフジッコの社長さんとゴルフに行ったこともありましたが残念です。正直、商標登録で文書が届けられたのは3回目です。一番最初は脂肪が付きにくい植物油が発売された頃、これを使って商品作りをしました。裏面に「脂肪が付きにくいエコナオイルを使用しています。」と書いてたら、勝手に書くなと言われました。弁護士に相談すると、使っているという事実を書いているだけだから裁判で勝てるかもしれないがとことんやりあうようになるだろうと言われました。ちょうどそのころ日清からヘルシーリセッタオイルが発売されたのをきっかけにそちらに切り替えて固有名詞のエコナオイルを取り「脂肪が付きにくい植物油を使用」にしました。おかげでエコナオイル騒動に巻き込まれずに済みました。2回目は「元気種」という商品を販売していた頃、でん六さんから元気種を商標登録したから使うなと文書が送られてきました。このときは弊社の品名を「元気がいっぱい」に変えました。一回目は弁護士に頼んで使いませんと書いてもらったところ約50万円かかりました。二回目は使いませんと弁理士さんに書いてもらって3万円位かかりました。争い事は苦手なので今回も引き下がることになると思いますがお金をかけずにやっていこうと思ってます。それにしても おまめさん なんて誰でも使う言葉を商標登録できるのがおかしいと思いませんか、欧米の排他主義、利益主義にはこりごりです。 神戸のおまめさん みの屋 ももうすぐ使えなくなるのかな。

元気がいっぱい.JPG元気種にクランベリーを加えて元気がいっぱいにしました。

ナッツラベル.JPGエコナを使わなくなってから作ったラベル。健康に留意した商品は素焼き商品を販売しているのでこのラベルは使っていません。

ココナッツの効用

当初、関西地方は空梅雨なのかと思ったら充分雨が降りました。農家の方もまずは一安心でしょう。先日雑誌にココナッツオイルの効用が書かれていました。その内容はココナッツオイルがアルツハイマーの進行を食い止める効果があるとのことです。アメリカのお医者さんが若年性アルツハイマーの夫にココナッツオイルをオートミールに加えて食べさせたところ劇的に改善したとのことです。要約すれば、アルツハイマーになるとインスリンの効きが極端に悪くなる→インスリンの効きが悪くなると神経細胞がグルコースを使えなくなり神経変性を起こし記憶障害などの症状を悪化させる→グルコースが使えなくてもケトン体を供給すれば神経細胞は活性を保てる→ココナッツオイルの中鎖脂肪酸はケトン体を合成するので神経細胞の活性化を保てる。と書いてあります。ほとんどの日本人にとってオートミールもココナッツオイルもなじみがないと思いますが、乾燥したココナッツならスーパーの製菓材料売り場に置いていますのでそれを朝のシリアルやサラダに振り掛けて食べるとか、カレーに入れるとか(コクがあっておいしいそうです。)健康にも良いようなので是非試してください。当社でも徳用サイズをご提供していますのでよろしくおねがいします。但し、ココナッツオイルをたくさん取ると下痢をすることもある様なのでお気をつけてください。

ココナッツマカロン1kg.jpgココナッツマカロン1kg

ココナッツ.jpg

ココナッツのフレーク状です。漂白剤は使用していません。

アルツハイマーが改善した.JPG詳しくはこの本で