ホーム>スタッフブログ>2013年4月

2013年4月

ピーナッツが心臓に良いとアメリカ心臓協会が認証

アメリカ心臓協会(American Heart  Association)のハートチェックプログラム(Heart-Check  Program)によってピーナッツが心臓に良い食品として認められました。16万人以上の男女を対象に行った主要な4つの研究発表によると

毎日1オンス(28g)のピーナッツを摂取した人は心疾患の発症リスクを半減できた。

ピーナッツに含まれる脂肪酸のほとんどは一価不飽和脂肪酸で、オリーブオイルが持つ心臓への良い影響と同様の効果がある。

ピーナッツ1オンス(28g)の中に8gのたんぱく質が含まれコレステロールを含まない。

ピーナッツにはアミノ酸のアルギニンが含まれ血管を広げて血液の通りを良くしてくれる働きがある。

ピーナッツには葉酸とビタミンEが多く含まれ心疾患の予防を助ける

ピーナッツにはカリウムとマグネシシウムを含み、正常な血圧の維持を助けてくれる。

といういいことばかりのようです。最近はアーモンドが健康に良いとのことで世界的に売り上げが順調で、それに対抗してアメリカのピーナッツ協会がピーナッツの良さをアピールしたのでしょう。以前テレビでピーナッツの効用を扱った番組があってよく売れましたが約3カ月で元に戻りました。今ブームになっているアーモンドはいまだによく売れています。NHKと民放の差が出たような気がします。アーモンドは円安ででどんどん高くなっているのでその分ピーナッツで調整してください。ピーナッツはアーモンドに比べたら値段もずいぶん安いです。ただしピーナッツは酸化しやすいので買いだめはしない方がいいですよ。個人的にはアーモンドよりピーナッツの方が香ばしくておいしいと思います。

無塩ロースト150g.jpg無塩ローストピーナッツ ピーナッツは酸化しやすいので小袋で

素焼きアーモンド1kg.JPG

素焼きアーモンド アーモンドは酸化しにくいのでお買い得袋で

タラの木2本.jpgタラ.jpg近所のタラの木.jpg

近所の空き地にタラの木がありました。食べごろのタラの芽がでてます。教えてもらうまでこんな風に木のてっぺんにあるとは思いませんでした。この木は3m近くあるので誰も取っていなく、低い木は誰かがとった跡がありました。